民事

B型肝炎給付金訴訟

0
    みなさん、あけましておめでとうございます。
    おかげさまで、本日栗田法律事務所は開所5年目を迎えました。

    2012年(平成24年)の1月5日に独立して、アッと言う間に4年間が過ぎ、毎年毎年いろいろな事件をやらせて頂きました。
    これからも、一つ一つ丁寧に誠実に事件処理したいと思いますので、よろしくお願いします。

    昨年は初めて「国」を被告とした事件をやりました。
    といっても、一から国の責任を問うガチンコの国家賠償請求ではありません・・・。
    先人の先生方が大変苦労され、戦っていたB型肝炎の国家賠償請求事件で国の責任について認めた基本合意書に基づいた給付金を請求するための手続きの国賠です。

    予防接種でB型肝炎に感染したんだ、注射器を交換する指導をしなかった国の責任だと、初めに国を訴えた先生、原告の方々は本当に凄いと思いますね。
    自分にそんな依頼が来たら、尻込みしそうな事件です。
    最初の訴えが平成元年で、その事件の最高裁が出た後に700名以上の集団訴訟が提起され、平成23年に基本合意書ができたという歴史があり、実に20年以上の長い道のりをたどっています。

    そんな先人の先生達が勝ち取った基本合意書ですが、意外と知られていないのが実に残念です。
    かくいう私も、この依頼を受けたときほとんど内容を知りませんでした。

    簡単に言うと、この基本合意書は、昭和23年〜昭和63年までに集団予防接種(ツベルクリン反応検査)を受け、その結果、B型肝炎の持続感染をしている(発症しているか否かを問わない)とその症状のレベルに合わせて給付金がもらえるというものです。

    無症候性キャリアという、症状が出ていない単純なキャリアの方で50万円が支給されます。
    肝がんを発症している方や重度の肝硬変だと3600万円、軽度の肝硬変だと2500万円、慢性B型肝炎だと1250万円という具合に症状に応じて給付金額が異なります。

    この基本合意書の難点は、訴訟手続きをしないと給付金がもらえない点です。
    集団予防接種をしたこと、それ以外に感染する事情が無いことを立証しないと給付金がもらえないんです。
    ただ、国の指定する証拠さえ揃えれば必ず給付金は支給されます。

    そして、揃える証拠が色々と細かい・・・。

    ちょっと面倒な面はありますが、訴訟手続きをしないと給付されないということで、弁護士費用の一部が国負担となりますし、無症候性キャリアの方でも今認定を受けておけば将来の検査費用も支給され、発症した際には追加の給付金が受けられるので、やって損はない訴訟だと思います。

    そして重大な点がもう一つ。
    この基本合意書に基づく給付金は、平成29年1月12日までに請求する必要があるということ。
    これを過ぎると、もらえません。
    あと1年です。
    迷っている暇はありません。

    血液検査でB型肝炎キャリアですねといわれたとか、血液検査のHBs抗原の欄が陽性(+)となっているという方はとりあえず検査結果と母子手帳があれば母子手帳を持って弁護士事務所へ電話しましょう。

    私は縁あって昨年2件、B型肝炎給付金請求事件をやりました。
    いずれも、別件でご縁があった方から「実は・・・」という形で相談され、どうしても私にやって欲しい、CMとか広告入れてるようなところではやりたくないと言われ、やる事になりましたが、偶然にも2件も相談があり、もしかして知多半島にもかなり潜在的にキャリアの方がいるのではないかと思っています。

    もしかして自分ももらえるのでは?とちょっとでも気になっている方がいましたら、栗田法律事務所へお気軽にご相談ください。

    -

    今年を振り返る。

    0
      こんにちは、弁護士栗田です。
      今年もあと数日ですね。月日の経過が年々早く感じますね。年のせいでしょう。

      なんだかんだ弁護士登録をして早6年が経過し、栗田法律事務所開所4年目も無事終わることができました。
      これも弁護士栗田友紀を信用してご相談ご依頼頂いた皆様のおかげです。
      ありがとうございます。

      ブログを読んでくださっている方はご存じだと思いますが、今年は「法の日の行事」の事で頭がいっぱいでした。
      あいつ、いつも法の日の事書いてるなと思ったことでしょう。
      おかげさまで多くの方にご来場頂き、十分な成果を上げることができました。

      今年は、法の日の委員長をやっていたため色々と忙しかったのですが、例年に増してご依頼を多く受けていたので支部の他の弁護士から「先生の車がいつも裁判所に停まってる」「待合室に行くといつもいるよね。良く会うよね。」と言われる程でした・・・。目立つ車は乗るもんじゃないなと思う今日この頃です。

      一方で、今年は刑事事件をほとんど受けなかったので、たまに私選で警察署に行くと、留置管理の方から「先生、久しぶりだね。」と言われる程でした。

      仕事をしてもしなくても目をつけられています。

      また来年も一からスタートの気持ちで任された仕事は一つ一つきっちり丁寧にやっていきたいと思います。
      栗田法律事務所の仕事始めは

       平成28年1月5日 10時〜です。

      年末年始に起きた揉め事は、早めに栗田法律事務所へ相談し、早めに解決し、ハッピーな申年を過ごしましょう。
      申が待機してます。





       

      -

      【大盛況!!!!!!!!!!!】

      0
        みなさん、こんにちは!弁護士の栗田です。

        先日の、法の日の記念事業2015、無事大盛況に終わりました!
        多数ご来場頂きありがとうございます。
        過去最高入場者数記録しました!(^_^)v

        当日は、晴れてはいましたが朝はまだ気温も低く寒い中、朝早くから当日券を求めたくさんの方にご来場頂きました。
        当日配布枚数が限られていたので全員に行き届くか不安でしたが、並ばれた方全員にチケットを配布することができ本当に良かったです。


        開場前も、良い席を求めて早々に行列ができていました。
        開場を早めたい気持ちはありましたが、開場5分前までぎりっぎりまでリハーサルをしていましたので長らくお待たせすることとなってしまいました。

        午後の第一部は弁護士会企画「珍客現る!知って得する法律相談2015」と題して身近で起きるトラブルを寸劇仕立てでお披露目させて頂きました。
        半田支部では毎年、弁護士がシナリオ作成から演出、出演までやる寸劇をしているのですが、林先生をお目当てに初めて来られた方には衝撃の内容だったかも知れません(^_^;)。
        しかし!アンケートでは、総じて面白かった!勉強になった!とのうれしい言葉が書かれており、一生懸命最後までこだわりを持って頑張った甲斐がありました。
        毎年来ていただいている方からは、年々良くなってるよ!とお褒めの言葉を頂きました。


        そして弁護士会企画で観客を暖めた後、いよいよ林先生のご登場です!

        林先生には「やれること」と「できること」と題して90分間、笑いを交えた講演をしていただきました。
        見ない日はないっていうぐらいご活躍の林先生、話す内容がわかりやすい上に、知識も正確で、なおかつ笑いも取るというテレビでは見られない林先生の姿を見た気がします。

        内容の基本的な事は先生の著書「いつやるか?今でしょ!」で多く触れられています。
        講演に来られなかった方、もう一度先生が言われていたことを確認したい方は読んでみると良いかと思います。
        私ももう一度読み直してみようと思います。



        当日ご来場頂いた方の半数以上の方がアンケートに回答してくださいました。
        びっくり擦るほどの回収率です!
        この場をかりてお礼申し上げます。 ありがとうございました。

        今回の企画は前回の企画のアンケートから多くを学ばせて頂き、改善させた部分があり成功に結びつけられました。
        これから今回のアンケートをきっちり分析し、次回、次々回へのイベントへと戦略的に活かし、より良いイベントにしより多くの方に弁護士会半田支部、半田支部の弁護士を知ってもらいたいと思います☆

        うーん、でもまた来年もやるのかな・・・・。大変だなぁ・・・・。



         

        -

        【法の日 2015】林修講演会!

        0
          こんにちは、弁護士栗田です。
          すっかり秋ですね。まだ暑い日もありますが、空気はすっかり秋ですよね。
          先日、さっそく秋の味覚の新さんまを頂きました。美味しかったです!

          さて、秋といえば・・・

          食欲の秋
          読書の秋
          いやいや、

          法の日の秋!です。

          今年の法の日のポスターが完成しました。



          例年、入場券、整理券とは配っていないのですが、今年は確実に皆さんに先生の講演をきいていただけるように事前に入場券を配布します。
          もちろん、無料です!

          配布開始は9月14日〜を予定しています。
          配布場所は愛知県弁護士会半田支部(0569-26-1611)です。
          この他にも、特に大府市・東海市・常滑市の皆さんは下記の事務所でも受取可能です。
          いずれの事務所も少数精鋭で運営されていますので、事務所に受取に行く場合は事前にお問い合わせ頂いた方が確実だと思います!

          大府市
           ・栗田法律事務所 0562-85-6146
          東海市
           ・弁護士法人山崎事務所 東海事務所 0562-85-4414
           ・太田川法律事務所         0562-85-1707
           ・東海ブライト法律事務所      0562-85-4947 
           ・といだ法律事務所         0562-38-5534
          常滑市
           ・弁護士法人山崎事務所 常滑事務所 0569-47-7005
           ・とこなめ法律事務所        0569-47-6330
           ・のぞみの森法律事務所       0569-47-6757

          事前配布枚数は400枚です。

          事前配布でもらえなくてもご安心ください!
          当日券もご用意しています。
          当日券は、10月31日、アイプラザ半田会場で10時から配布します。

          いずれも無くなり次第終了です。※事前配布分は無くなりました。

          入場券は、午後の部の入場券となっています。
          先生の講演は16時30分からですが、会場は15時からですので良い席で林先生の話を聞きたいという方は早めに来れることをオススメします。

          弁護士企画もためになる企画を準備していますので、お見逃し無く!

          チケットが欲しい方は、栗田法律事務所まで。
          事前に御連絡いただけるとスムーズです!
          電話:0562−85−6146



           

          -

          今年は夏休みはありません。

          0
            暑いですね。夏ですねぇ。
             
            6月に台湾に行ったんですが、6月の台湾は今の日本並に暑かったです。
            この暑さを一足早く体感したから今年の日本の夏は余裕で乗り切れるぜぇぇて思ってたんですが、無理ですね。
            流石に8月の連日の35度越えは辛いです。

            そうは言っても、ほとんど外に出ない、外に出るとしても車での移動で涼しいところから涼しいところへの移動なので、営業で外回りなどしている方や野外で仕事をしている方、電車通勤をしている方などに比べれば、全然辛い思いはしていないほうですよね(^_^;)

            さて、今年は、冒頭に書いたとおり夏になる前に遊んでしまったということもあり・・・8月は休まず営業をしようと思っています!頑張ります!
            特に世の中が「お盆休み」といっている8月13日〜16日も営業(といっても15日、16日は土日なのでお休み)しますので13日、14日に仕事が休みだから相談に行きたいという方は是非、お電話でご予約を。

            台湾の写真を1枚

            このアイス食べるために台湾に行きました。また食べたい。
            台湾に行く予定の方、是非台中まで足を伸ばして行ってみてください、オススメです。
            店名:宮原眼科(注:目医者ではありません。)









             

            -

            【告知】法の日記念事業2015!今年は・・・!

            0
              お久しぶりです、栗田です。
              早いもので、もう夏休みですね。
              裁判所の夏期休廷もあったりで、次回期日が9月になったりしてホント困りものです。
              で、9月は9月でシルバーウィークなんていう大型連休もあったりして、あっという間に10月ですよ!

              そう、もうあっという間に10月なのです!

              10月と言えば、皆さんもうおわかりですね。

              毎年恒例 愛知県半田支部主催の法の日記念事業 がございます!

              昨年は、尾木ママに来て頂きましたが、今年はなんと!

              あの、東進衛星予備校現代文講師 林 修 先生!です。
              本を読んでいる方はおわかりだと思いますが、もう刺激的なアドバイスが満載です。
              なんかうまくいっていないな、もっと人生を好転させたいという方は是非「生」で林先生の講演を聴きましょう!



              現在、鋭意ポスター等作成中ですが、え?いつくるの?(「今でしょ!」ではありませんw)
              と気になる皆様のために若干の情報を大公開。

               日時:平成27年10月31日(土曜日)
                  15時開場 
                  15時半 イベント開始(弁護士会企画&林先生の講演会)

               場所:アイプラザ半田(半田市東洋町一丁目8番地)
               
              もちろん、今年も午前中に無料法律相談会を行います!
              イベント入場料ももちろん「無料」です!
              たくさんの方に確実にご来場していただき、イベントに参加していただけるよう事前に入場券(整理券)を配布予定です。
              詳細は正式にポスターができたときにまたお知らせ致します!

              みなさん、お手元の手帳に10月31日「林先生 半田にくる。聞きに行く。15時開場」といつ書くの?

               

              -

              よくあるシリーズ4 若くて独立してる!

              0
                みなさん、こんばんは。
                今日で今年の半分が終わってしまいました!月日が流れるのは早いですね!

                皆さん、ある日突然、全く知らない方から手書きの思いのこもった手紙をもらったことがありますか?
                弁護士の方は結構経験しているかと思います。

                私は今月、2通ももらってしまいました。
                名前を見て「え?誰?相手方でいたっけこんな名前」と一瞬頭に「?」が浮かぶんですが、住所をみると「あ、あそこか」と一瞬で解決です。
                あそことは、警察署(留置施設)・拘置所です。

                刑事事件で勾留されている方は、中で弁護士会の名簿を閲覧することができるんですが、私選の弁護士を選びたい人や民事事件の依頼をしたい人はその名簿から一生懸命探すようです。
                そこに載っている情報からどんな弁護士かを想像し、貴重な切手を使って送る相手は「こいつだ!」と狙いを定めて送ってきます。
                貴重な便せん、切手を使うので、お手紙はびっしり字が詰まってることがほとんどです。そして、意外と字が綺麗。

                なんとしても来てもらうべく、なぜあなたにお手紙したかという思いも当然書いてくれています。
                私の場合、

                「年齢を拝見したところ、若くして独立しているところを見込んだ」
                「若くして独立しているからやる気がある」
                と書いてあります。

                私が若いってどうやって知ったのでしょうか?名簿には登録番号と期は書いてありますが、年齢は書いていないのに…。

                若くて独立している奴だから仕事に困っているだろう、だから来てくれるのではないか、と思われてるのかも知れません(←素直じゃない)。
                若手弁護士が変な私選事件に巻き込まれて困ったことになるというよくある罠はこういうところに潜んでいるのかもしれないなぁと思ったりもします(←警戒しすぎか)。

                そうは言っても何か怪しければ自分がきっぱり断ればいい話なので、せっかく何百人もいる弁護士の中から選んで頂いたのでできるだけこういったお手紙には答え、接見には行ってあげたいのですが・・・。
                残念ながら、多忙なんですよねぇ・・・。

                ちなみに、手紙には受領した日のうちにお断りのお返事をしています。

                 

                離婚

                離婚について(婚姻費用・養育費 1)

                0
                  こんにちは、栗田です。
                  まだ5月だというのに、すごい暑いですね。今年になってすでに3回も冷やし中華を食べてしまいました。

                  さて、今回は最近ご無沙汰気味だった離婚について書きたいと思います。

                  離婚の話をする段階で、多くの方が「別居」を開始している、又はしようとしているかと思います。
                  「別居」をする上で、問題となるのが「婚姻費用」です。

                  離婚した際、子どもを引き取らない親が「養育費」を支払う義務があるということはだんだん浸透してきていますが、別居中にも扶養義務に基づく「婚姻費用(通称「こんぴ」)」が発生するということは意外と知らない方がいます。

                  「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生じる費用を分担する(民法760条)」とあるので、法的な婚姻関係が継続している限り、一方から他方への婚姻費用の分担が発生します。

                  「その資産、収入その他一切の事情を考慮して」とあるけど、どういう具合で具体的な金額が決まるのか。
                   そこが一番気になるところです。

                  別居すると、いくら夫からもらえますか?
                  妻が出って行ったんだけど、いくら生活費渡さないといけないのか?

                  といった相談はすごくよくあります。

                  そういう時に、弁護士が得意げにある物を取り出して、ずばりお答えしましょう・・・と金額を教えてるのですが、このとき、何を見ているかというと

                  いわゆる「算定表」という、おおよその金額がわかる表を見ています。

                  その算定表やらは、弁護士しか手に入らないものかというと、全然秘密の情報でも何でもありません、一般に公開されています。

                  しかし!ここである問題が発生します。
                  この表にないケースはどうするかということです。

                  例えば、算定表は婚姻費用を請求する人と子どもの養育者が同一人物であるケースしか載っていません。

                  なので、
                  ー入の多い夫が子どもを引き取って、妻から婚姻費用を請求されているケース

                  ■何佑了劼匹發いて、夫と妻が1人ずつ養育しているケース

                  等には対応できないのです。

                  こういうケースは弁護士の腕の見せ所ですw
                   

                  -

                  ゴールデンウィーク

                  0
                    もうすぐGWですね!
                    長い人では12連休なんて人もいらっしゃるのでしょうか?
                    うらやましいです!

                    司法試験業界では、GWといえば「遊ぶより勉強!」が一般的かも知れません。

                     私は、かつての司法試験制度、いわゆる「旧司法試験組」なのですが、一昔前の司法試験では、択一試験というマーク式の試験が毎年5月の第2日曜日(母の日)にあったため、直前の大連休は大規模模試が行われていました。
                     多くの受験生がそれを受け、模試がない日は試験時間と同じ時間に過去問を解くシュミレーションなんかをやって、GWの賑わいをニュースなどで見るにつけ、「合格したら、GWに海外旅行行ってやるからな!みてろよ!」と歯を食いしばって勉強していたものです。
                     
                     この択一試験というのは、結構くせもので、なにを隠そう私は5回も落ち続けたのでした(悲劇)。
                     当時は永遠に合格しないんじゃないかってそれはそれは呪われた日々を過ごしていました。
                     まぁ、合格して弁護士となった今となっては良い思い出です。
                     
                     じゃぁ合格して弁護士になって、受験時代思っていた「GWに海外旅行行ってやる!」というちっちゃな野望は実現されたかというと・・・・実現してません!今年も実現見込み無し!

                     というわけで、栗田法律事務所は基本的に暦通りの営業です。
                     祝日でも事務所にいれば電話に出ますので万が一緊急の相談があれば、かけてみてください。
                     いれば出ますので。
                     
                     そして、新司法試験を受験予定の皆さん、5月13日から試験ですね。
                     GWは歯を食いしばって勉強頑張ってください!
                     法曹になる人が等しく通ってきたGWの過ごし方です。たぶん。

                     

                     

                    -

                    別れの季節

                    0
                      こんにちは、弁護士の栗田です。
                      ここ数日で一気に春めいてきましたね。

                      名古屋地裁のさくらもご覧の通り満開です(※敷地の外から撮っています。)


                      地裁の近くの護国神社もごらんのとおり。

                      さて、今日は年度末なので今日で名古屋が最終日の裁判官や検察官の方も
                      多かったのではないでしょうか。

                      法曹三者の中では、弁護士は地元に定着しますが、裁判官と検察官は2〜3年であちらこちらに異動されていきます。
                      ずっと同じ場所に止まると好くないことが起きるんでしょうね、たぶん。
                      裁判官も検察官も2〜3年ごとに引越を繰り返すのはとても大変だと思いますが、その都度その都度いろいろなことをリセットできる機会があるのでうらやましい気もします。
                      弁護士の場合、事件を終わらせるのは自分でしか無いですからね。途中放棄とかできませんから(相当な場合は辞任という方法がありますが・・・。)

                      裁判官や検察官と個人的な付き合いが有るわけではないので、異動すると聞いても何の感傷も沸きませんが、ただ一点「あの裁判官の担当してたあの事件は今後どうなるだろうか・・・。」ってことだけが気になります。
                      裁判官が交代して事件の流れが変わることもあるので、新しい裁判官との最初の期日は結構どきどきなのですよ。

                      そして半田支部は3人いた裁判官が全て交代なので、4月の最初の期日がどきどきです。
                      総入れ替えの半田支部は4月に新しい風が吹きそうな予感です。



                       


                      search this blog.

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      links

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM