-

新型コロナウィルス対策 その2

0

     みなさん、STAY HOME してますか?

     

     前回のブログで、緊急事態宣言が出されたら、裁判とか調停とかどうなるのかな?と書いたのですが、宣言が出されるや否や、見事に全ての裁判、調停の日程が取り消されました。びっくりしました。

     調停は、明らかに「密」な状況が作出さえるので、取り消されるのもやむを得ないと思っていましたが、まさか裁判まで取りけされるとは驚きです。裁判は、当事者が集まらないでやる方法も無くはないので、続けられなかったのかな?と思います。

     そうはいっても、現状は、「不要不急の外出は控える」のが原則ですから、つまりは、やれる・やれないという事よりも、「不要不急の裁判も控える」、そういう局面ということでしょう。

     

     そのような状況ですので、現状、相談に来て頂いて、訴えたいとか、調停を起こしたいと言われましても、申立をしたところでいつはじまるかわかりませんので、なかなか受任しずらい状況です。

     

     ただ、コロナ禍で、すぐに相談対応すべき案件としては、債務整理や破産、個人再生の案件があります。

     収入が激減し、もう借金が返せない、無理かもという方の場合は、早めに弁護士のところに相談に行きましょう。

     相談の結果、どの法的整理がとれるのか、どうすれば良いかの目処が立てば気持ちが楽になりますし、受任してもらえば、支払いについて停めることが出来ますので、将来のことを精神的に落ち着いて考えることが可能になります。

     債務整理系の事件については、すぐに着手が可能です。

     

     栗田法律事務所では、前回のブログで書いたコロナ対策に加え、本日、アクリル板の設置しました。

     

     

    ちょっとわかりにくので、もう一枚。

     

     事務所としては、できる限りの対策を取った上で、ご相談に応じたいと思います。

     相談に来られる方は、以下の点にご協力ください。

     

      ・マスクの着用をお願いします。

      ・着席したら、アルコール消毒液で手の消毒をお願いします。

     

     以上です。

     

     上記の通り、相談に来ていただいてもかまわないのですが、今はそれよりもまずは、STAY HOME。

     

     いつ、だれが、どこで感染してもおかしくない状況ですので、ひとりひとりが自分の行動を抑えましょう。

     

     栗田法律事務所も4月29日〜5月6日まで事務所をお休みします。

     

     よく寝て、よく食べて、家の換気を怠らず、静かに過ごしましょう。

     

     私は、家にこもって、新作でも作ろうと思います。

     

     

     

     それでは、皆さん、自分の命、家族の命、友達の命を守る行動を。

     

     相談のあるかたは、5月7日以降にお電話ください。

     

     ではでは。

     

     

     



    search this blog.

    categories

    selected entries

    archives

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    links

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM