離婚

離婚について 1

0
     
    今日は、ちょっと離婚について書いてみたいと思います。

    一昔前では「離婚」には抵抗感やマイナスイメージがある方が多かったと
    思いますが、最近では「バツイチ」と言われるようにマイナスイメージも
    薄れていますので、もはや「離婚」は特別なことではありません。

    そうはいっても、当事者の間では「離婚」は一大決心を伴います。
    決断するまでは相当悩まれると思います。
    決断できずに「離婚した方が良いと思いますか?」と相談しに来る方も
    いらっしゃいます。
    しかし、その決断は、ご自身でされてください。
    少なくとも、私は最終決断のアドバイスは致しません。
    弁護士としては、決断後を全力でサポートさせていただきます!

    たとえば、こちらは離婚を決断したのに・・・

    相手から別れることに抵抗されるケースや、慰謝料を請求されるケース
    別れるのは良いが、金はびた一文やらないと言い張るケース、
    親権でもめるケース、

    等々、すんなりいかないケースは「弁護士に相談する」ということを考えた方が
    良いかと思います。

    もめる4大ポイントはおおむね次の通りです。

    1 離婚原因(離婚そのものに応じない)
    2 財産分与・慰謝料
    3 親権(未成年のお子様がいるケースのみ)
    4 養育費・面会交流条件(同上)


    どのポイントでもめているかにより、協議離婚でまとまりそうか、調停で終わりそうか、調停でまとめるのが得策か、はたまた訴訟まで視野に入れて動くべきか等々、専門的な知識、判断が必要になります。

    ご自身で判断せず、栗田法律事務所までご相談ください。

    次回は・・・
    協議離婚・調停離婚・裁判離婚のメリット・デメリットと絡めて書きたいと思います。


    search this blog.

    categories

    selected entries

    archives

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    links

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM