-

よくあるシリーズ3 先生、よくやっていけますね・・・

0
    お久しぶりです。栗田です。
    すっかり冬ですね。特に今日は寒い!

    ところで、皆さん人間の三大苦労って何か知ってますか。
    この3つの事に問題を抱えていると苦労するよねーっていう。

    それは、1 人間関係 2 お金 3 健康 だそうです。
    京都にある折上神社内にある三九郎神社に書いてありました。
    なるほどなーと思った次第です。


    神社にお参りして全てが取り除かれたらそれはそれで素晴らしいのですが、さすがにそううまくもいきませんので、法律事務所には、1と2の問題を抱えた方が来ます。
    例えば、1だと離婚問題、2だと借金問題とか。
    私の仕事は依頼者のこの1と2の苦労を取っ払うこと、ないしは軽くしてあげることだと思ってます。
    3の苦労は、お医者さんにお任せしましょう。

    で、こういった苦労を抱えている方は、本当に日々辛い、この問題が頭の片隅にこびりついて落ち込んだ日々を過ごしていると思います。
    なので、依頼者の方からよくこういわれます

    「先生、よくやっていけますね。こういう問題を私のだけでなく、たくさんやってるんですよね。
    私、自分のだけでも辛すぎるのに、何件もやるなんて、辛くないですか・・・」


    はい、辛いです(笑)。でも、依頼者の方が感じる辛さとは違う辛さかなと思ってます。
    依頼者の方は、当然こういった問題を感情・主観で受け止めていると思います。相手方への感情とか色々と。

    私は、もちろん依頼者のお話に共感はします、何とかしてあげたい、何とか軽くしてあげたいと思いますけど、感情的に受け止めません。相手に対して何か個人的感情が沸くわけでもありません。
    こんな言い方をすると、わっ、冷たい!と思われるかもしれませんが、私は、事件の当事者ではありません。
    私自身の問題ではないのです。あくまで立ち位置は客観的な立ち位置です。

    ただ、この事件の解決を依頼されたという点は私の問題です。
    ですから、この問題をどう解決するのが依頼者にとってベストか、自分はベストを尽くしているか、主張立証に漏れはないか、依頼者の利益を守れているか、弁護過誤はないか、という点で気を遣いますし、悩みます。
    でもこれって、仕事の苦労なので、さっき述べた三大苦労じゃないんですよね。
    単純に仕事の苦労である限りは、皆さんが思っているほどストレスを感じないと思います。
    いつかは終わりますから。

    ただし、依頼者との「人間関係」がこじれた、依頼者と「お金の問題」で揉めたとなったとたんにこれは私が当事者の人間関係・お金の問題に大変身しますので、これはこれは大変なストレスとなります。

    ですので、仕事をうまくこなしていく上で、自分が三大苦労を抱えないことが大事かなと思ってます。

    このブログをお読みの皆様、三大苦労抱えていませんか?
    京都の三九郎神社に行くのもいい案かも知れませんが、それより近くの栗田法律事務所にきませんか?
    弁護士がその苦労を少しでも軽くできるかもしれません。
    1と2の苦労をお抱えの方、ちょっと相談してみたいと思った方は栗田法律事務所まで♪

    栗田法律事務所のフェイスブックページでも情報発信してますのでぜひ「いいね!」を!
    き年内に「100いいね手」達成を目標としてますき



     


    search this blog.

    categories

    selected entries

    archives

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    links

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM