-

減らない詐欺事件・・・

0
     こんにちは。弁護士の栗田です。
     クールビズ期間も終わり、少しずつ寒くなってきましたね。
     クールビズといえば、ノーネクタイですが、ワイシャツのボタンはいくつまで外すのがOKか。
     二つ外すと一気にだらしなく見えると思うのですが、某裁判官がずーっと二つ外しておりまして、いつかその理由を尋ねたいと思っている内に、クールビズ期間が終わってしまいました。来年(いれば)、聞いてみようと思います!

     さて、そんな事はさておき、振り込め詐欺事件が減りません。
     ニュースや新聞でも何度も何度も報道されているのに、減りません。

     最近は振込という手法ではなく、直接受け取りに来るパターン、エクスパックやゆうパックで送らせるパターンが増えてきていますのでご注意ください。
     
     最近、どうも、日弁連をかたる詐欺事件が発生したようです。
      http://www.nichibenren.or.jp/news/year/2014/141107.html

     弁護士が直接現金を受領に行くって言うらしいですが、怪しさ満点です。
     弁護士をかたる詐欺事件もあるようですので、弁護士を名乗る人物から電話がかかってきたらまず、検索しましょう!
     普通にグーグルで検索しても良いですし、弁護士検索サイトで検索すれば確実です!
      http://www.bengoshikai.jp/
     そして、仮にヒットしたら、必ずそのサイトに載っている電話番号に電話して事実を確認しましょう。

     昔、ブラジル人の被告人の弁護(国選)をした時、息子が捕まったという情報を聞きつけたその方の父親(日系人)が電話してきました。
     そして、数日後、その方(日系人)が突然、事務所に現れたのです。
     「え?!え?!」
     「ブラジルから来たの?!何しに来たの?」と聞いたら、「ブラジルでは最近、弁護士をかたる詐欺事件が増えている。本当か確認しに来た。」というのです。(いや、いや、国選だしお金は大丈夫って言ったじゃん・・・。)
     まぁ、半分は息子が心配だったから来たんだと思うんですけど(^_^;)、かなりびっくりしました。
     なんというか、家族愛というか、何というか・・・。

     何が言いたいかと言いますと、本当に自分の子どもが逮捕されたとか、会社のお金を無くしてしまったとか、クビになりそうだとか、彼女を妊娠させてしまったとかなんだかんだと危機的状況に陥ったのであれば、お金だけでは解決しない状態ですから地球の裏側にいても会いにくる、確認するというぐらいの感覚を持っても良いのかもということです。

     詐欺事件は、被害回復が非常に難しいので、自己防衛が基本だと思います。
     前出のブラジル人ぐらいの疑い深さは必要無いかも知れませんが、安易に人や肩書きを信じるのもやめましょう。
     確認することは何も恥ずかしいことでも無礼でもありません。

     お金を出すときは、全て納得した上で行いましょう!

     
     



     


    search this blog.

    categories

    selected entries

    archives

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    links

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM