高齢者・障害者

ろうスクール

0

     こんばんは!

     みなさん、夏休みいかがお過ごしでしたか?

     もう8月も終わりですねぇ。

     

     お盆を過ぎてしまうと、あっという間に夏休みも終わりか〜っていう気分になりますよね。

     夜の風も秋っぽくなってきましたよね。

     

     さて、今月、私は、弁護士になって初めて「講師」のお仕事をしました。

     NPO法人知多地域成年後見センターが主催している「知多半島ろうスクール」が先月開講したのですが、その講師として参加させていただきました。

      

     「知多半島ろうスクール」の受講年齢の制限は無いと思いますが、【ろう=老=LAW】をかけているだけあって、「老い方」に関心がある方、つまりは高齢者の方が多く参加されているのかと思います。

     何歳から高齢者なのかという議論はありますが、平日の昼間に通える方を対象としているので、定年退職した方々が主な受講生でした。

     さて、その定年退職して、のんびり生活されている方に対して私に依頼された講演テーマは

     

       「離婚」〜自分らしく生きるため〜

     

     一時期、熟年離婚ブームなんていう言葉も聞こえましたが、私が弁護士になって数年経過しますが、ブームかどうかはさておき、離婚は年齢問わず幅広く受任しているイメージです。

     若い世代の離婚問題では「親権」で激しい対立が発生することが多いですが、高齢の方の離婚はその問題は発生しません。

     お子様が成人されている方がほとんどですから。

     高齢の方の離婚問題で一番問題となるのは「財産分与」ですよね。

     「財産分与は基本は折半」

     「あなたの年収が多くても、折半が原則」

     「家はあるけど、預金は無い」なんて場合は、家を売って、売却代金を半分にするケースもあるとか

      年金分割されたら、夫側は年金が多少減る、妻側は多少増えるよ〜とか、

      一方に家計を任せっきりにして思っていたほど貯金が無くて、隠し財産があるはずだ〜!とか言っても、見つけ出すのは困難

     

     等々の話しをした結果、どうなったと思いますか?

     

     最後に、受講生らが講義の振り返りをして、今後の自分の人生にどう活かすかを発表されたのですが、

     ある受講生からは「もっと妻を大事にしようと思います。」「お互いを尊重して生きていこうと思う。」

     等々、まさかの離婚しない方向、婚姻関係を円満にしていこうと努力したい宣言が!

     

     この感想を抱いたのはもっぱら男性陣でした。

     妻から離婚を切り出されたら、「嫌だ!損だ!」と思ったのでしょうか・・・。

     ちょっと脅しすぎたかも知れません。

     

     私は、離婚を勧めるわけではありませんが、離婚をしたい方のお手伝いをしてますので、講義の結果、離婚しない方向へ努力すると気持ちを固めた方がいたようなので、新規顧客開拓とならず、営業としては失敗!(笑)に終わってしまいました。

     残念です!

     

     さて、皆さんお待ちかねの今月の作品です。

     今月は、フレンチブルドッグがご相談者をお出迎えしております。

     

     

     

     

     

     


    高齢者・障害者

    【無料配布中】高齢者のお宅に是非!

    0

      みなさん、ご無沙汰です。弁護士栗田です。

       

      あっという間に、もう6月ですか。早いですねぇ。

      もう1年の半分が経過しようとしてますね。

      私のホームコート(?そんな言い方するのか不明)は半田支部なのですが、最近名古屋の事件や岡崎支部の事件が多くなってきてます。大変ありがたいことなのですが、いかんせん、移動に時間がかかるため、なんとなく忙しいアセアセ

      名古屋の某事務所では、例えば支部への出頭する場合は、日当○万円とか取る契約になっていたりするところもあるそうです。

      移動に時間がかかるので、その気持ちもわからないでも無いが・・・・しかし!とんでもないですよね、着手金と報酬金取った上に、日当も請求するなんて・・・。しかも県内の事件で。

      皆さん、気を付けてくださいね。終わった時には、とんでもない額の請求が来るなんて事もあるかもしれませんよ。

      良心的な栗田法律事務所は県内の事件については日当は取っておりません!

       

      さて、本題です。

      クンクン!お!なんかあるぞ。

       

      はい、これ、愛知県弁護士会消費者委員会が作りました、「訪問販売お断りステッカー」!

      一昔よりも「訪問販売」で高額な布団を買わされたり、いらない工事をやられてしまうケースは減りましたが、まだまだしつこい訪問販売業者がはびこっております。

      特に高齢者宅を狙った被害は後を絶ちません。

       

      そこで、弁護士会では、お断りの意思を明確にするためにこのようなシールを作成し、配布することとしまいした。

      使い方はこんな感じでしょうか。

       

      貼ってあると、ピンポンするのに躊躇しますよね、きっと。

      このシールには、説明書も付いております。

      シールを貼っているにも関わらず、ピンポンされたら

        峅燭里翰僂任垢?」と聞きましょう。

       ▲察璽襯垢諒だった場合

        「ステッカーが貼ってあります。お帰り下さい」ときっぱりはっきり言いましょう。

       絶対にドアを開けてはいけません。

       づ生,箸食品のお試しですなどという言葉に騙されてはいけません。

       ニが一、うっかりドアを開けてしまっても大丈夫。

        途中で目的がセールスだと判明したら、

       「いりません。お帰り下さい」と言いましょう。

       Φ△辰討れなければ、遠慮無く警察に連絡!110番しましょう。

       万が一被害にあってしまったときは

         消費者生活センタ− 118番

         愛知県弁護士会 半田支部 0569−23−8655

                 名古屋  0570−783−110

         へお電話を。

      この説明書をインターフォンを受ける電話から目の付くところに置いておくとすぐに対応できますね!

         

         シールには下の方に小さく「愛知県弁護士会」と書いてあるので、普通のお断りシールよりは効果が有ることを期待したい!

       

         高齢者宅に限らず、どなたにも配布しております。

      さて、このシールの配布先ですが、知多半島の地域にお住まいの方は下記までお越しいただければ無料配布しております。

      団体の方で100枚以上欲しいというご要望がある場合は、事前に欲しい枚数をご相談ください。

       

       【配布場所】愛知県弁護士会 半田支部  半田市出口町1−45−16

                           住吉ビル2階

             電話0569−26−1611

       

      イイモノオチテルゾー

        

      さりげなく、羊毛フェルトアピール。(目線がみんなちがうのはご愛敬)

      多くの相談者・依頼者を和ませる、癒しの羊毛フェルト犬。絶賛展示中です!

       

       

       

       


      高齢者・障害者

      【高齢者・障害者】平成28年度事業者セミナー

      0

        みなさん、こんにちは。あっという間に2月も終わりですね。

        明日は、「プレミアムフライデー」ってヤツらしいですよ。

        なんでも、月の最後の金曜日は早く帰って旅行とか、ゆっくり食事に行ったらどうよっていう、どこからとも無く沸いてきた、「は?何それ??」感満載な政策らしいです。

        どんな会社がこれを導入するんでしょうか・・・。謎です。

        とりあえず、栗田法律事務所は導入予定はありません。

        通常営業ですので、プレミアムフライデーで早く帰れた方は法律相談に是非お越しください。

        え?そういう目的の政策じゃない?

         

        そんなことはさておき、今月はイベントの責任者をしており忙しくしておりました。

         

        どんなイベントかというと、

        福祉事業者を対象としたセミナーで

           「高齢者・障害者のための事例検討会」

        というものをやりました。

        弁護士会半田支部と知多地域成年後見センターと東海市の共催で、高齢者・障害者を持つ家庭の事例を元に、多業種の方々が事例を検討し、お互いが持っている知識やアイデアを共有し、そして、互いに顔の見える関係を築いて、今後の連携を深めようではないか!というとても有意義なセミナーです。

         セミナーの様子はこんな感じです。

         

         

         

        今年は、多くの市町村の福祉関係者と施設運営者、病院の方などいろいろな方が参加していただけたので、各ブースいろいろと意見交換ができてとても充実した議論ができました。

         

        実は、私、半田支部の高齢者・消費者委員会の委員長をやっております。

        え?離婚とか刑事事件とかばっかりやってるイメージだって?

         

        いえいえ、高齢者や障害者を持つご家庭の相談にのったり、成年後見人をやったりといったお仕事もしておりますですよ。

         

        とはいえ、福祉に関する問題は、福祉関係者・行政の力がメインです。弁護士のできる事はあくまでもサブ、本当にお助け程度のことしかできないです。

        ただ、弁護士だからこそ力になれることはありますので是非とも声をかけて欲しいと思っています。

        高齢者・障害者の方々を支えるには、地域の連携、いろいろな専門家の連携が不可欠ですので、その連携専門職の一つとして弁護士も活用してくださいというスタンスです。

         

        この事業は実は、ここ数年は毎年やっております。

        来年も開催予定です。

        決して難しいことを話してるわけではなく、おそらく福祉関係者であれば一度は出会ったことがあるだろう「あるある」事案を題材にして事例検討をしてますので、是非このブログを見て興味を持たれた福祉事業者がいらっしゃいましたら、ご参加ください!

         

        いろいろと忙しくしていると、ストレス解消が必要ですので、ツンツンモードにスイッチが入り、忙しいにも関わらず、こんな作品を仕上げました。

        是非ともご覧あれ(^^)

         

         高齢者・障害者のご相談も受付ております。

         ご相談は、栗田法律事務所まで!

         ★ご相談に来られた方は、もれなく作品もご覧いただけます★

         

         

         


        1

        search this blog.

        categories

        selected entries

        archives

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        links

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM