高齢者・障害者

【無料配布中】高齢者のお宅に是非!

0

    みなさん、ご無沙汰です。弁護士栗田です。

     

    あっという間に、もう6月ですか。早いですねぇ。

    もう1年の半分が経過しようとしてますね。

    私のホームコート(?そんな言い方するのか不明)は半田支部なのですが、最近名古屋の事件や岡崎支部の事件が多くなってきてます。大変ありがたいことなのですが、いかんせん、移動に時間がかかるため、なんとなく忙しいアセアセ

    名古屋の某事務所では、例えば支部への出頭する場合は、日当○万円とか取る契約になっていたりするところもあるそうです。

    移動に時間がかかるので、その気持ちもわからないでも無いが・・・・しかし!とんでもないですよね、着手金と報酬金取った上に、日当も請求するなんて・・・。しかも県内の事件で。

    皆さん、気を付けてくださいね。終わった時には、とんでもない額の請求が来るなんて事もあるかもしれませんよ。

    良心的な栗田法律事務所は県内の事件については日当は取っておりません!

     

    さて、本題です。

    クンクン!お!なんかあるぞ。

     

    はい、これ、愛知県弁護士会消費者委員会が作りました、「訪問販売お断りステッカー」!

    一昔よりも「訪問販売」で高額な布団を買わされたり、いらない工事をやられてしまうケースは減りましたが、まだまだしつこい訪問販売業者がはびこっております。

    特に高齢者宅を狙った被害は後を絶ちません。

     

    そこで、弁護士会では、お断りの意思を明確にするためにこのようなシールを作成し、配布することとしまいした。

    使い方はこんな感じでしょうか。

     

    貼ってあると、ピンポンするのに躊躇しますよね、きっと。

    このシールには、説明書も付いております。

    シールを貼っているにも関わらず、ピンポンされたら

      峅燭里翰僂任垢?」と聞きましょう。

     ▲察璽襯垢諒だった場合

      「ステッカーが貼ってあります。お帰り下さい」ときっぱりはっきり言いましょう。

     絶対にドアを開けてはいけません。

     づ生,箸食品のお試しですなどという言葉に騙されてはいけません。

     ニが一、うっかりドアを開けてしまっても大丈夫。

      途中で目的がセールスだと判明したら、

     「いりません。お帰り下さい」と言いましょう。

     Φ△辰討れなければ、遠慮無く警察に連絡!110番しましょう。

     万が一被害にあってしまったときは

       消費者生活センタ− 118番

       愛知県弁護士会 半田支部 0569−23−8655

               名古屋  0570−783−110

       へお電話を。

    この説明書をインターフォンを受ける電話から目の付くところに置いておくとすぐに対応できますね!

       

       シールには下の方に小さく「愛知県弁護士会」と書いてあるので、普通のお断りシールよりは効果が有ることを期待したい!

     

       高齢者宅に限らず、どなたにも配布しております。

    さて、このシールの配布先ですが、知多半島の地域にお住まいの方は下記までお越しいただければ無料配布しております。

    団体の方で100枚以上欲しいというご要望がある場合は、事前に欲しい枚数をご相談ください。

     

     【配布場所】愛知県弁護士会 半田支部  半田市出口町1−45−16

                         住吉ビル2階

           電話0569−26−1611

     

    イイモノオチテルゾー

      

    さりげなく、羊毛フェルトアピール。(目線がみんなちがうのはご愛敬)

    多くの相談者・依頼者を和ませる、癒しの羊毛フェルト犬。絶賛展示中です!

     

     

     

     


    離婚

    【離婚】年金分割について

    0

      すっかりご無沙汰しておりました、弁護士栗田です。

      4月になり、ようやく温かくなってきましたね。

      桜が咲いて、春が来たなぁと思ったらあっという間に散ってしまいましたね。

      事件も桜のようにパット咲いて、パット解決してくれたら良いんですけど、そうもいきませんね・・・。

       

      さて、今回は年金分割についてお話ししようと思います。

      年金分割の制度は平成19年に導入された制度ですが、10年経過し、ここ最近かなり定着されてきましたね。

       これまでは、相談者に「年金分割」の話しをしても「?」ということが多かったのですが、最近は相談者の方から「年金分割」について質問されることや、やりたいといわれることも増えてきました。

       導入当初は、弁護士でも年金分割のことを助言し忘れることもあり、後に弁護過誤で訴えられる事案が頻発したようです。

       現在でも理解していない弁護士はごく稀にいて、妻側の代理人として私が年金分割を求めたら、「年金分割なんてやらねーよ、そっちが年金分割求めるなら、こっちだって求めるぜ。妻の年金分割しろ」って言って来た弁護士がいました。

       (注:実際は、もっと賢そうな言い方で言って来ましたけど、言ってる内容はバカ丸出しなんで、多少デフォルメして表現しています。)

       

      年金分割とは・・・・婚姻期間中に夫婦でそれぞれ払っていた厚生年金保険料を合意された割合で分割するという制度です。

      わ、わかりにくい。

       簡単に言うと、支払ってきた保険料を分割するという制度であり、貰う年金が半分になるという制度では決してありません。

       

       既に年金額の見込みがわかる世代の方は、「年金分割のための情報通知書」というのを取り寄せる際に、年金分割をする場合としない場合の金額を教えてもらえるので、差がわかるのですが、そうでない世代の方の離婚では、どれぐらい将来の年金に影響があるかは正直わかりません。

       

      例えば、婚姻期間が30年以上で60代の方の離婚だと、年金分割をする場合としない場合とでは年間に受け取られる年金が年間50万〜60万円ぐらい差が出るようです。(※もちろん納付保険料によって違いますので、一例にすぎません)

      年金が支給される年齢から最低でも10年間は生き延びるとしてと計算しても10年×50万=500万円です。

      バカに出来ませんね。20年になれば、1000万円です。

       

       制度のことや小難しいことは、他のサイトがたくさんあるのでここでは、実務的な事だけをピックアップします。

       

      Q「合意された割合」で分割するいわゆる「合意分割」の場合、いったい どれくらいの割合で合意されるのか?

      A ほぼ争い無く年金分割の按分割合はほとんどの場合0.5です。

        婚姻期間中、納めた保険料を半分こにするという事になります。

       

      Q では、分与する側が0.5も渡したくないと主張し、これを0.4とか0.3にすることは可能か?

      A 争いたければ争えばいいですけど、ほとんど無理です。

        ちなみに、平成20年4月以降の離婚で可能になった「3号分割」については、有無を言わさず0.5ですので争う余地はありません。ちなみに「3号分割」というのは専業主婦の方(年金の3号被保険者の方)の分割のことです。

       ただ、代理人や調停委員の説得も空しく、ごく稀に、抵抗し続ける人がいます。無駄な抵抗は止めましょう。

       ちなみに、逆に半分以上欲しいんだけど、例えば0.6とかということも可能か?という疑問もあるかと思いますが、これは出来ません。当事者が、OKといっても制度としてできないことになっています。

       

      Q 夫側から妻側に年金分割を求めることができるのか?

      A 出来る場合もある。

       年金分割は、多い方が低い方へ分けるという制度ですから多くの夫婦は、夫側の年収が高く(=保険料が高い)、夫から妻への分割がほとんどです。なので、夫側が妻側に分けるということになりますので、夫側から妻側に年金分割を求めることは出来ないということになります。この点で、冒頭に紹介したイタイ弁護士が理解していないことがよくわかりますね。

       しかし、稀に逆パターンがあります。

      夫は国民年金だけど、妻が厚生年金・共済年金に加入しているというパターンや、互いに厚生年金だけど妻の方が収入が多い、ばりばりのキャリアウーマンの場合など。

       こういう場合は、多い方から少ない方へのルールに基づいて、夫側から妻側に年金分割を求めることが出来ます。

       

       夫側からの相談でも、夫婦の加入年金などには十分注意を払う必要があります。

       

      Q 年金分割はいつ請求する?年金を貰うとき?

      A 年金分割は、離婚の時に請求しましょう。し忘れた場合は、離婚の成立した日から2年以内にしましょう。

        「しましょう」というのは、単に相手に「分割して」と言うだけでは駄目です。

         当事者で年金分割の話合いをし、「合意」をしたという書面を作成しなくてはいけません。

        離婚調停や離婚訴訟で離婚し、代理人を立てているからは、ほぼもれなく手続きをするので良いのですが、問題は「協議離婚」で話合いで解決をしてしまっている方々です。

        手続き上要求される書面は、けっこうめんどくさいです。調停や訴訟ではない場合、「公正証書」が必要です。

        年金分割を定めた書類として認められる公正証書は

       「当事者間の合意がある場合は、按分割合と分割の請求について合意していること及び当事者それぞれの氏名・生年月日・基礎年金番号が記載された公正証書の謄本若しくは抄録謄本又は公証人の認証を受けた私署証書」が必要なのです・・・。

        め、めんどくさい。

        

       こういった書類が無くても、合意している旨が記載された書面に当事者が署名押印した書類と提出者の身分証明書と実印及び印鑑証明があれば出来る様ですが、いずれにしてもめんどくさい。

       結構めんどくさいので、あとから年金分割の調停や審判を起こすのも一つの方法だと思います。

       

       離婚の時は、相手とまともな話合いが困難な場合が多く、とにもかくにも早く離婚届けを出したいということで協議離婚を出す方がいます。

       それはそれでやむを得ないと思います。

       ただ、離婚してから2年以内に、年金分割だけの調停(審判)を起こすことも 可能です。この場合、相手も抵抗しない可能性が高いのと、相手も法律相談に行って相談した上で来る事が多く,抵抗しても無駄だと理解して調停がすんなりまとまることが多いです。上記の様な合意書面を作るよりは簡単だったりします。

       

       離婚をしたときに、年金分割をしなかった方は、諦めずに手続きをしましょう。

       特に、婚姻期間が長かった方は、後で後悔しても取り返しが付きません。

       大切な老後の資金を確保しましょう。

       

       そして、最後に、今月の作品を・・・・

       

        花見をするわんこ。

        相変わらず羊毛フェルトに励んでいます。

        

        そういえば、明日から世間様はGWですね。

        栗田法律事務所は、3日〜8日はお休みです。

                    ★その他は営業しております★

       

       

        

       

       

       

        

       

       


      高齢者・障害者

      【高齢者・障害者】平成28年度事業者セミナー

      0

        みなさん、こんにちは。あっという間に2月も終わりですね。

        明日は、「プレミアムフライデー」ってヤツらしいですよ。

        なんでも、月の最後の金曜日は早く帰って旅行とか、ゆっくり食事に行ったらどうよっていう、どこからとも無く沸いてきた、「は?何それ??」感満載な政策らしいです。

        どんな会社がこれを導入するんでしょうか・・・。謎です。

        とりあえず、栗田法律事務所は導入予定はありません。

        通常営業ですので、プレミアムフライデーで早く帰れた方は法律相談に是非お越しください。

        え?そういう目的の政策じゃない?

         

        そんなことはさておき、今月はイベントの責任者をしており忙しくしておりました。

         

        どんなイベントかというと、

        福祉事業者を対象としたセミナーで

           「高齢者・障害者のための事例検討会」

        というものをやりました。

        弁護士会半田支部と知多地域成年後見センターと東海市の共催で、高齢者・障害者を持つ家庭の事例を元に、多業種の方々が事例を検討し、お互いが持っている知識やアイデアを共有し、そして、互いに顔の見える関係を築いて、今後の連携を深めようではないか!というとても有意義なセミナーです。

         セミナーの様子はこんな感じです。

         

         

         

        今年は、多くの市町村の福祉関係者と施設運営者、病院の方などいろいろな方が参加していただけたので、各ブースいろいろと意見交換ができてとても充実した議論ができました。

         

        実は、私、半田支部の高齢者・消費者委員会の委員長をやっております。

        え?離婚とか刑事事件とかばっかりやってるイメージだって?

         

        いえいえ、高齢者や障害者を持つご家庭の相談にのったり、成年後見人をやったりといったお仕事もしておりますですよ。

         

        とはいえ、福祉に関する問題は、福祉関係者・行政の力がメインです。弁護士のできる事はあくまでもサブ、本当にお助け程度のことしかできないです。

        ただ、弁護士だからこそ力になれることはありますので是非とも声をかけて欲しいと思っています。

        高齢者・障害者の方々を支えるには、地域の連携、いろいろな専門家の連携が不可欠ですので、その連携専門職の一つとして弁護士も活用してくださいというスタンスです。

         

        この事業は実は、ここ数年は毎年やっております。

        来年も開催予定です。

        決して難しいことを話してるわけではなく、おそらく福祉関係者であれば一度は出会ったことがあるだろう「あるある」事案を題材にして事例検討をしてますので、是非このブログを見て興味を持たれた福祉事業者がいらっしゃいましたら、ご参加ください!

         

        いろいろと忙しくしていると、ストレス解消が必要ですので、ツンツンモードにスイッチが入り、忙しいにも関わらず、こんな作品を仕上げました。

        是非ともご覧あれ(^^)

         

         高齢者・障害者のご相談も受付ております。

         ご相談は、栗田法律事務所まで!

         ★ご相談に来られた方は、もれなく作品もご覧いただけます★

         

         

         


        -

        祝!5周年。

        0

          明けましておめでとうございます。

          本年もよろしくお願いします。

           

          さて、本日、1月5日は栗田法律事務所にとって非常に重要な日です。

          5年前の今日、栗田法律事務所は開所しました〜!

          今年でまるっと5年が経ちました〜。

          祝!5周年。

          毎年、新年を飾るカウンターの置物たち。

          年々、物が増えている。

          特に、昨年は羊毛フェルト作りにはまったので、フェルト人形が増える増えるw

           

          5年前と今も何も変わらずこうして事務所を続けられることに感謝します。

          おかげさまで、この5年間、体調を壊すこともなく(風邪すらひいていない)続けて来れました。

          弁護士が1人しかいないので、私が倒れたら、即、依頼者に迷惑になってしまいますので体調管理は最重要注意事項です。

           

          祝5年と言っても、まだまだ弁護士歴8年目の小僧じゃなくて、小娘ですので、おごらず焦らず謙虚に一つ一つ丁寧に取り組んでいきたいと思います。

           

          5年も1年1年の積み重ね。

          1年は1日1日の積み重ね。

          信用は一つ一つの行為の積み重ね。

          信頼信用は一日にしてならず。

           

          依頼者の信頼・信用を裏切らぬよう、今年も受けた仕事は全力投球で頑張ります!

           

          そして、最近、ブログの内容が中身が無いが気になっているので、今年は中身のある、有益な情報提供できるよう意識していきたいと思います!

           

          ではでは、本年もよろしくお願いします!

          ★今年の新規相談受付は、1月16日〜です★

          ★★栗田法律事務所は、11日までお休み体制です★★

          ★★★ただいま、6年目に向け充電中!★★★

           

           

           

           


          -

          暇弁ではありません。メリハリ弁です。

          0

            こんばんは、弁護士の栗田です。

            年末の仕事納め、この追い詰められ感は一体何なんでしょうか。

            別に年末年始の休みなんて数日なんだし、来年やれば良いじゃないかという思いもある一方で、否、「今年の仕事今年のうちに!」と思うこの焦り。

             

               今日は外出用件も多く、合間に相談、起案となんとかやり終えたかな。

            但し、事務所の掃除がまだです・・・。

            年内に出勤して今年の汚れ、今年のうちに綺麗にします。

             

            さて、今年もあと数日ですね。

             

            皆さん、今年1年どんな年でしたか?

            栗田法律事務所は、おかげさまで今年も多くのご依頼を受けさせて頂きました。

            多くの方が新たな一歩を踏み出していくのを手助けできたかと思います。

            まだまだ、進行中の事件、相談は多数ありますので、来年もこれまでと変わらず一つ一つ丁寧に・誠実に取り組みたいと思います。

             

            個人的には、羊毛フェルトにはまり、2月からやり出して、現在羊毛フェルト歴10ヶ月でここまで上達しました!

             

            ババーン!

             

             

            この写真を他の弁護士に見せたところ、「暇な弁護士と思われるから、ブログには載せない方が良い」というアドバイスを受けました。

            チッチッチ

            時間の使い方がうまいって言って欲しいな〜。

             

            何事もメリハリが必要ですよ。ダラダラ仕事しても意味ないですからね。

            今年の仕事、今年のうちに片付け、しっかり年末年始休みましょう!

             

            では、皆さんも良いお年を!

             

            来年も栗田法律事務所をよろしくお願いします!

             

            ※年始の新規相談受付は1月16日〜になります。

             ★事務所は1月11日までお休みします★


            -

            法の日2016 無事終了

            0

              こんばんは、弁護士の栗田です。

              もう11月1日ですね!急に寒くなってきました。

              10月にブログを更新していないことに今、気付いて軽くショックです・・・・。

               

              さて、さて、10月29日は、こちらのブログでも大々的にお知らせしていました愛知県弁護士会半田支部の法の日記念行事でした。

               

              当日は、前日の雨が嘘のように晴れ、美輪さんの看板に朝日が・・・

              美輪さんがますますまぶしいき

               

              午後の部の前半は毎年恒例の弁護士による寸劇

              「知って得する法律相談2016〜珍客再び!〜」

               

              え?全員弁護士?まじっすか?

              っていう内容の寸劇で、年々クオリティが増しているという、あの噂の寸劇です。

              昨年から、著名人の講演前に寸劇をすることにより、著名人の講演会目当てに来た人にもムリクリ見せるという作戦?を実施しておりまして、おかげさまでこの作戦が功を奏しております。

              最後に回収したアンケートには「どうせ弁護士の堅苦しいものだろうと思って寝ようと思っていたが、寝る暇がなかった」とか、「美輪さん目当てに来たのに、寸劇も面白かった」「こんなこと毎年やってるなんて知らなかった!」等とても高評価を頂きました。

              ありがとうございます。

              体張った甲斐がありました。

                                 ※どんな寸劇か想像できない

               

              さて、メインイベントの美輪さんの講演会ですが、とても落ち着いた雰囲気の中にも笑いが時折起きるユーモアと愛に溢れた講演会でした。

              キーワードは、「う○こ」ちゃんですね。

              ええ、講演を聴いた方はこの言葉が離れなかったこと間違いなし。

               

              変なこと言ってきたり、いじめてくる人がいたら、あーこいつの前世○○○だから。

              かわいそって思って相手にしないのが一番です。

               

              あと、何事も、表面ではなく中身が大事、中身を見極めることだ大事だよ、そういう目を養いましょうねっ。

               

              え?どんな内容の講演か全然わからない?

               

              美輪さんの本を読むとよくわかると思いますので、気になる方は是非ご一読ください。

              私も美輪さんの著書「人生ノート」をバイブルにしております。

               

              来年もあるのか無いのかわかりませんが、今年の法の日記念行事も無事大成功に終わり一安心です。

              今年もあと2ヶ月です。

              風邪をひかないように気を引き締めて頑張ります!


              -

              【告知】今年の法の日は、10月29日(土)です!

              0

                こんにちは、弁護士の栗田です。

                9月になり、すっかり秋ですね。

                秋と言えば・・・皆様お待ちかねの・・・・

                 

                法の日記念事業。

                 

                弁護士会半田支部は今年も頑張ってます。

                 

                今年の講演会は・・・・・

                なんと、き「美輪明宏」きさん!

                 

                 キラキラが凄い。

                 弁護士会のイベントとは思えないキラキラポスター。

                今年も例年通り、全て無料で行います!

                美輪明宏さんの講演会も勿論無料です。

                 

                【事前整理券の配布は終了致しました。】

                 

                当日の混乱を避けるため、今年も事前整理券を配布致します。

                 

                整理券配布開始10月3日〜を予定しています。
                配布場所は愛知県弁護士会半田支部(0569-26-1611)です。

                お一人様2枚まで。
                この他にも、特に大府市・東海市・常滑市の皆さんは下記の事務所でも受取可能です。
                いずれの事務所も少数精鋭で運営されていますので、事務所に受取に行く場合は事前にお問い合わせ頂いた方が確実だと思います!

                大府市
                 ・栗田法律事務所 0562-85-6146
                東海市
                 ・弁護士法人山崎事務所 東海事務所 0562-85-4414
                 ・太田川法律事務所         0562-85-1707
                 ・東海ブライト法律事務所      0562-85-4947 
                 ・といだ法律事務所         0562-38-5534
                常滑市
                 ・弁護士法人山崎事務所 常滑事務所 0569-47-7005
                 ・とこなめ法律事務所        0569-47-6330
                 ・のぞみの森法律事務所       0569-47-6757

                無くなり次第終了です。

                入場券は、午後の部の入場券となっています。
                美輪明宏さんの講演は15時00分からですが、開場は13時30分からですので良い席で話を聞きたいという方は早めに来られることをオススメします。
                早く来ても大丈夫です。

                なぜなら・・・14時から毎年恒例の弁護士による寸劇がありますのでこちらもお見逃し無く!

                 

                ではでは、配布開始まで、しばらくお待ちください。

                 

                 


                -

                色々あった8月

                0

                   こんにちは、弁護士の栗田です。

                   8月は色々ありすぎて、あっという間でしたね。

                      オリンピックとか、スマップとか、芸能人の犯罪とか、台風とか・・・。

                   

                   栗田法律事務所は、例年通り、今年も8月は休まず仕事をしておりました。

                   お盆真っ直中に尋問が入ったり、丸一日調停をしたりと忙しくしておりました。

                   裁判所にお盆休みは無いので、ついつい期日を指定されると・・・

                  「差し支えです」と言う勇気がなく、

                  「お請け致します」と言って働き者をアピールすることをここ数年繰り返しています。

                   

                   ただ、やはり8月、特にお盆は、通常時に比べ電話、FAXが圧倒的に少ないので弁護士としてはこの時期に休んだ方が業務への支障が最も少ないということ非常に強く感じています。

                  来年は、人様が働いている時期に休まずに、素直に、世間がお休みモードになっているときに休もうかと思っています。

                   

                   さて、この前の東海ラジオを聞いてこちらのブログに訪問してくださった方はいらっしゃいますでしょうか?

                  え?東海ラジオって何かって?

                   

                   ええ、8月28日に、ひっそり東海ラジオに出演させて頂きました。

                  事前に告知しない当たりが、私らしい・・・。

                   

                   

                   法律事務所を訪れる方の緊張をほぐすアイテムとして、事務所カウンターに飾っているポレポレちゃんを取り扱っている半田市のおしゃれインテリアショップ「Do Living Isseido」さんの創業20周年記念特別番組「杉浦かつ代のDO CAFEトーク」にお呼ばれしてきました。

                   20周年って凄いですよね、私も20周年迎えられるよう一日一日、一件一件積み重ねようと思った次第です。

                    

                     

                   趣味のことや好きな音楽のこと、半田支部の法の日記念行事のことなどをお話しさせて頂きました

                  え?ポレポレと一緒に変な犬が混じっている?

                     

                  気付きましたか、皆様お楽しみの今月の作品です。

                     身体がかっこよくできました。

                   

                     

                     

                     9月は法の日の具体的な告知ができると思いますのでお楽しみに!

                     近日中にポスター公開します!

                    

                   


                  -

                  ポケモンGO

                  0

                     こんにちは、弁護士の栗田です。

                     今年は猛暑になるなんて言われていますが、ここ最近の夜は涼しいくらいでまだまだ過ごしやすいです。

                     

                     さて、今月はなんと言ってもポケモンが一世風靡した月でしたね。

                     アメリカで「ポキモン!」「ポキモン!」と騒がれ、日本では、え?何その初耳なゲーム、早くやりたいとかなり煽られ、リリースが待ち望まれましたね。

                     

                     テレビでアメリカ人が「ポモン!」と言っているところを「違う違う『ポモン』「」だから、そこんとこ間違えんといて」って突っ込みを入れるのは私だけでしょうか。

                     

                     さて、かく言う私もブームに乗っかろうと思い、ゲームをインストールしました。

                     

                     しかし、スマートフォンを持っていない私は、ゲームをするのにi pad miniを使用しなければならず、画面が大きくてやってることがバレバレで、実に恥ずかしい!

                     なので、ひと目がないところでこそこそやり(怪しい!)、事務所に来たポキモンをちょこちょこ捕獲する程度しかやれず、まだレベル11です。

                     

                     事務所にもちょいちょいポケモンが現れますので、相談に来られて気になったら遠慮無くポケモンGOを開いてもらって良いですよ。

                     多分、腐るほど捕獲されているコラッタとか、ポッポとかしかでないと思いますけどね。

                     なので、相談に集中された方が良いとは思いますが・・・。

                     

                      

                     

                     世間では、ポケモンGOで色々とトラブルや事故などが発生しているようですが、皆さん、私みたいに人目を気にしながら、周囲に十分注意しながらやりましょう。

                     ポケモンGOをやってて事故に遭ったという相談が来ないことを祈っております。


                    -

                    弁護士の選び方 その1

                    0

                      こんにちは、弁護士の栗田です。

                      梅雨ですねぇ。雨が降ったと思ったらやんで、そして暑い。

                      もう6月が終わりますよ、早いですね。一年の半分が終わってしまいます。

                      おかげさまで、上半期も多くのご依頼をしていただきました。

                      大変心苦しいのですが、現在、離婚調停・訴訟の新規受付停止中とさせて頂いております。

                      手持ちの事件が無事解決できれば、8月か9月くらいには再開できるかなぁと思っています。

                       

                      さて、本題に入る前にちょっと予告。

                      今年も半田支部恒例の法の日記念行事の準備が着々と進んで来ました。

                      年々エスカレートしていく講演会。

                      今年も凄い方がいらっしゃいますので乞うご期待!

                      ちょっとまだ言えませんが、ブログにヒントが隠されていますので、え?誰?知りたいって方はブログを最後までお目通しください。

                       

                      さて、今日は弁護士の選び方について少し。

                      というのも、今年に入って何件か「今弁護士に頼んでるんだけど・・・ちょっと」という風に現在依頼している弁護士への不満、愚痴を漏らされることがしばしばあったので、弁護士から見てこういう弁護士は要注意っていう典型例をご紹介。

                       

                       1 遠方からなぜか出張無料相談してる弁護士。

                        たまに、東京とか埼玉とか凄く遠方から出張無料相談の案内の広告入れてくるところありますよね。

                        東京とか埼玉とまでは行かなくても、名古屋の先生でも知多半島方面で出張無料相談会やられる先生もいます。

                        毎回毎回出張でこっちの方に来てくれるわけでもないし、その先生に依頼したら名古屋まで行かなきゃいけなくなって結果的に高くつくということも。

                        あとはなんと言っても、知多半島にまで来ないと客が取れない先生だということが全てを物語る。

                        

                       2 某サイトで凄く書き込みをしている弁護士。

                        弁護士の登録サイトでいろんな方の質問に親切丁寧に答えてくれる先生が全国にたくさんいらっしゃいますよね。

                        全国○位とか愛知県○位とか。

                        よく書き込みしている時間があるなぁと思います。

                        書き込みをする時間がたっぷりある先生だということで察してください。

                       

                       3 ホームページで成果を過剰アピールしている弁護士。

                        色々と成果をアピールしているホームページってたまにありますよね。

                        相談件数○○○○件!とか。回収額平均○○○万円!とか不起訴○○件!

                        そういう事務所は、仕事を数字でしかみない事務所ですからね、気を付けましょう。

                        相談件数アピールして何になるのか?と思いますけどね、一般の方はこういうの見て、経験のある方なんだと誤解してしまうんですね。怖いですね、数字って。

                        不起訴件数のアピールも微妙ですよね、弁護士が何もしなくても不起訴になるものとかざらにありますし。

                        

                      とにもかくにも弁護士と依頼者とは相性が全てです。

                      あなたと合うか合わないか。

                      弁護士のところに何度も相談に行くのは気が引けるし、お金もかかることだから、できるだけ一回で決めたいという気持ちはわかりますが、最低2カ所には行ってみることをオススメします。

                      1回は市や町がやってる無料相談、もう1回は事務所に直接でも良いと思います。

                      弁護士ほど個性が強い人種はいないってぐらいいろんなタイプの方がいますからね。

                       

                      今はネットである程度事務所の情報、弁護士の人柄等はわかる部分はあるかも知れませんが、会う前に「もうここに依頼するんだ」と決めて行かず、一度話しをして、良く考えてから依頼しましょう。

                       

                      どんな弁護士がいるのか、弁護士が主催する法の日記念事業っていうイベントに行ってみると良いかもしれませんよ。

                      そして、今月の作品を。にゃお。

                       

                       



                      search this blog.

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      links

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM